6月はラ・シオラの紫さん写真展

夏か! 初夏はないのか! というぐらい暑い日が続きますね…。
そんな暑さも飛んでいくようなスペシャルなお知らせです。

 

6月の展示はなんと、ラ・シオラのドミナ、紫さんの写真展です。
5月20日に同店を退店される予定の紫さん。そのキャリアたるや、なんと16年。
まさに一時代を築いてきたドミナです。

 

紫さんの顔はドミナだけではなりません。
フォトグラファー、緊縛師としても活躍。
故・雪村春樹先生の高弟であり、その技と心を受け継いでいます。
今後はフリーランスとして、その緊縛やみずからのSM観を世界に向けて発信していくそう。
すでに海外で縄のワークショップを成功させた実績も持っています。

 

そんな紫さんの、これまでのドミナ/フォトグラファー/緊縛師生活の中から切り取った写真を展示します!
展示タイトルは、『日常とSMが混在した日常』

 

もはや境界線が曖昧になるほど、SMが日常に根づいている紫さん。
いえ、日常がSMに根づいているといったほうが正しいのかも……?
そんな紫さんの視点を表現する写真展です。

 

開催は6月中旬からの予定。
詳細の発表はしばらくお待ちください。

カテゴリー: お知らせ, イベント情報, 今月のギャラリー パーマリンク

ページトップへ