今月の展示アーティスト THLさんインタビュー

現在作品を展示中のフォトグラファー、THLさん。
フェティッシュでパワフルな女性たちの姿に早くも魅了された方も多いのでは?

 

THLさんご自身や作品についてお話を伺いました。
英語が母国語の彼なので、回答の日本語訳とともに英語の原文も掲載します。
英語がおわかりになる方はぜひ原文のニュアンスもお楽しみください。

 

 

 

1:プロフィールを教えてください。

 

私は東京を拠点に活動しているフェティッシュ/SM フォトグラファーです。女王様や緊縛、メタル素材のSMグッズやラバー、フェティッシュなものあれこれを8年に渡って撮影してきました。写真に限らないフェティッシュ・アート自体はもっと昔からつくってきました。

 

I am a fetish and SM photographer, and artist based in Tokyo. I have been shooting photos of dominatrix, rope, metal and rubber and fetish for about 8 years, and have been creating fetish art much longer.

 

個展、グループ展を東京のいろんなところで開催しました。
インスタグラム( @_evilthell_ )とTumblr (evilthell.tumblr.com)もあります。

 

I have exhibited solo, and part of groups in many galleries throughout Tokyo. I also have a following online in Instragram (@_evilthell_) and Tumblr (evilthell.tumblr.com).

 

撮影のときには、ライティングや写真の雰囲気を伝えるための修正、ロケーションや撮影に合うロープを探すことに気を使っています。

 

I take care of all lighting, post processing, searching for locations and rope for my photos.

 

 

 

2:写真を撮るようになったきっかけは何ですか?

 

もともと子供時代からSMやフェティッシュなことに強い興味がありました。何がきっかけなのかはわからないですが、物心づいた頃にはすでに興味があったんです。

 

I have had a strong interest in SM and fetish since childhood, unfortunately I dont know what my trigger was – as far as I can remember I have always been interested in such things.

 

8年前から自分の興味のあるものを撮影することを始めました。エキサイティングなSMとフェティッシュの世界を作品として残すこと、それを楽しむことは長年の夢でした。

 

I started to shoot photos of my interests about 8 years ago, as it had always been my dream to both enjoy and document the exciting world of fetish and SM.

 

3:影響を受けたアーティストや作品があれば教えて下さい。

 

もっと強かった影響は、「Insex」というアメリカの古いウェブサイトです。政府により閉鎖されてしまいましたが…。そこでは本格的なメタルの拘束具や緊縛(の画像)を見ることができ、私のSMへの興味はますます強くなりました。

 

My biggest influence is an old american website called ‘Insex’, which was closed under presure by the US government. It showed very strong metal and rope SM, and helped to grow my interest even more in SM.

 

4:今回の展示のコンセプトを教えてください。

 

今回の展示は、緊縛やSMがメインの普段の私の展示とは変えて、「フェティッシュ」であることを強く打ち出しました。強い「フェティッシュ感」とともに、美しい女性のさまざまなあり方を表現しました。

 

This exhibition is a change from my normal exhibitions of rope and SM. This exhibition has a stronger fetish focus, showing a range of beautiful women with strong hints of fetish.

 

カテゴリー: お知らせ, 今月のギャラリー パーマリンク

ページトップへ