キャリー・エンパイアさんのイラスト解説

アマルコルドでは2月中、オープン8周年を記念して、イラストレーターのキャリー・エンパイアさんとコラボ展示を行っています。
キャリーさんがおなじみのグラデスカを独自のテイストでイラストに。
それぞれのイラストのポストカード(250円)や缶バッジ(300円)も8周年月間の今だけ販売中です!

 

今日はキャリーさんご自身による作品の解説をご紹介します。

 

 

【全イラスト】
画材:色紙、ペン、インク、コピック、化粧品等。

 

【凛子】
ママと言うと着物がハマると思い、bondageと迷った末、着物に。
極道映画と昭和の劇画タッチな漫画に出てくる和服美人のイメージ。
裏テーマ: 極道の妻

 

【アンジー】
グラマラスで迫力のある感じを出したかった。
描いてる時にゴッドファーザーとアンタッチャブル観てたので禁酒法時代の影響あり。
裏テーマ:マフィアの情婦。

 

【みー】
海外の映画に出てくる日本人みたいな無国籍な感じを出したかった。
少し鶴の恩返しも頭にあった気がする。
裏テーマ:海外映画のアジアン・ビューティー。

 

【アヤト】
店内にいる時の感じとバンド活動している時のイメージも重ねた上で
森で会った王子様的な要素も入れたつもり。
裏テーマ:御伽噺の白馬の王子

 

【ひな】
最初は背中に羽を描こうかと思ったぐらい妖精イメージで描きつつ
どんな羽か考えると蝶でもトンボでも鳥でもない気がしたのでそのままに。
裏テーマ:妖精 或は親指姫

 

【美神聖良】
何故かアメリカンな気持ちで描いていた。FBIが潜入捜査で踏み込む秘密クラブを想定。
ポリスアカデミーのブルーオイスターも少し頭にあった。
裏テーマ:秘密クラブの女王様

 

【茜】
フランスかイギリスのスパイ映画に出てくる全く喋らない東洋系のヒールをイメージ。怪盗なんかもありですね。
機敏な野生動物を思わせるシャープさと妖艶な雰囲気が出てたら幸い。
裏テーマ:女ヴァンパイア 或は女豹

 

いかがでしたか?
改めてイラストを見ていただくと、また違った発見があるかもしれませんね〜。

カテゴリー: イベント情報, 今月のギャラリー パーマリンク

ページトップへ